コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がてり ガテリ

デジタル大辞泉の解説

がてり[接助]

[接助](動詞の連用形に付く)「がてら」に同じ。万葉集にのみみられる。
「能登の海に釣りする海人(あま)のいざり火の光にいませ月待ち―」〈・三一六九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がてり

( 接助 )
〔「まぜあわせる」の意の動詞「糅つ」の連用形「かて」に「あり」が付き、音変化してできたもの。「がてら」の古形。上代語〕
動詞の連用形に付いて、ある事柄をしながら、同時に他の事柄をもする意を表す。…のついでに。…かたがた。 「山辺の御井を見-神風の伊勢娘子おとめども相見つるかも/万葉集 81」 〔副助詞あるいは接尾語とする説もある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

がてりの関連キーワード見がてりとの曇る月待ち副助詞連用形迎へ船

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android