コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がてら ガテラ

2件 の用語解説(がてらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がてら[接助・副助]

《「がてり」の音変化とも》
[接助]動詞、および動詞型活用語の連用形に付いて、ある事柄をするときに、それを機会に他の事柄をもする意を表す。…のついでに。…かたがた。…しながら、その一方で。「外に行きがてら、手紙を出してきてくれないか」
「梅の花咲き散る園に我行かむ君が使ひをかた待ち―」〈・四〇四一〉
[副助](多く動作性の意をもつ名詞に付く)…のついでに。…を兼ねて。…かたがた。「運動がてら買い物に行く」
「我妹子(わぎもこ)が形見―と紅の八入(やしほ)に染めておこせたる衣の裾も通りて濡れぬ」〈・四一五六〉
[補説]とも「がてらに」となることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がてら

( 接助 )
動詞の連用形および体言に付き、ある事柄をしながら、同時に他の事柄をもする意を表す。「がてらに」の形でも用いられる。…をかねて。…のついでに。…かたがた。 「客を駅まで送り-、買い物をしてきた」 「散歩-(に)、本屋に立ち寄ってきた」 〔 (1) 上代末期からの語。現代語では、「がてら」が付いて示されている事柄が主で、その下に述べられている事柄は副次的なものである場合が多いが、古くは、前件が従、後件が主であるのが一般であった。また、「がてらに」の形でも用いられる。「わが宿の花見-にくる人は散りなむ後ぞ恋しかるべき/古今 春下」 (2) この語を副助詞あるいは接尾語とする説もある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がてらの関連キーワードあらしがてりこっちゃざますずらなさい見がてりもんで意固地さし・も

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

がてらの関連情報