コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きじもの きじもの

1件 の用語解説(きじものの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きじもの

沖縄の妖怪の一種。木の精をさす語意で,普通キジムナーまたはキジムン呼ばれる。年を経たガジュマルアコウなどの木がこれになると信じられ,おかっぱ頭で赤ら顔の童形の魔物とされる。古木をすみかとするが漁の巧者で,これと親しくなったため漁運に恵まれ富者となったという説話が多く残されている。また,なかなかのいたずら者で,夜中に寝所に入って人の上にのしかかることがあり,そのようなときには人は意識は明瞭でありながらも,身動きができず,叫ぶことさえできないという。この妖怪がなによりも嫌うものが屁であるとする説は,南国的なユーモアがあってほほえましい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone