コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巧者/功者 コウシャ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゃ〔カウ‐|コウ‐〕【巧者/功者】

[名・形動]手慣れていてたくみなこと。また、そういう人や、そのさま。「―な手口」「試合―」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゃ【巧者】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事にたくみなさま。また、その人。功者。 「口-」 「試合-」 「きやくのあつかひも-ながら/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

巧者/功者の関連キーワード中島三甫右衛門(4代)梅ケ谷藤太郎(2代)朝汐 太郎(1代目)尾上菊十郎(3代)市川団之助(3代)豊松東十郎(3代)谷村楯八(初代)聞き上手・聞上手中村友三(3代)痴れ者・癡れ者朝倉教景(2)松平家忠(2)曾呂利新左衛門宮城山 福松辻六郎左衛門玉の海 正洋粋が川へ陥る森田小左衛門大戸平広吉松波勘十郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android