きんし

精選版 日本国語大辞典「きんし」の解説

きん‐し【至・麕至】

〘名〙 (「」「麕」はむらがる) むらがってやって来ること。
※五山堂詩話(1807‐16)一「索字者雑然麕至、殆無虚日」 〔春秋左伝‐昭公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「きんし」の解説

【巾】きんし

役人の用いるもの。

字通」の項目を見る

積】きんし

貯蔵米。

字通「」の項目を見る

止】きんし

字通「」の項目を見る

至】きんし

群がり至る。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android