コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キン

デジタル大辞泉の解説

きん【巾】

切れ。切れ地。布。
ふきん。手ぬぐい。
箏(そう)の13本目の弦。奏者から見ていちばん手前の弦。
頭や襟をおおう布。頭巾(ずきん)。
「頭(かしら)に紺染(あをぞ)めの―を被(かづ)き」〈読・雨月・青頭巾〉

きん【巾】[漢字項目]

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]きれ
布きれ。「巾着手巾雑巾(ぞうきん)茶巾布巾三角巾
布製のかぶりもの。「巾幗(きんかく)頭巾(ずきん)
[補説]「幅(はば)」「羃(べき)」の代用字とすることがあるが、もと別字。
[難読]脛巾(はばき)領巾(ひれ)肩巾(ひれ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きん【巾】

布。
手拭い。
頭巾。 「頭かしらに紺染あおぞめの-を帔かずき/読本・雨月 青頭巾
そうの、一番手前の弦の名。

ちきり【巾】

頭にかぶるもの。頭巾の類という。 「其鐘を撃かば、吏者つかい赤の-を前に垂れよ/日本書紀 孝徳訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巾の関連情報