コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くまの子ウーフ

デジタル大辞泉プラスの解説

くまの子ウーフ

神沢利子、井上洋介による児童文学作品のシリーズ。考えることが好きな熊の子供ウーフが主人公。1969年に第1作『くまの子ウーフ』が刊行され、以降多数の続編が制作される。2001年には新装版として加筆再編集したものが発表された。小学校の国語教科書に採用される。アニメ化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

くまのこウーフ【くまの子ウーフ】

神沢利子の文、井上洋介の挿絵による児童文学作品。幼いクマの男の子ウーフの視点で、生きる喜びや世界の不思議をみずみずしく描き出す。昭和44年(1969)刊行。以降、数多くの続編が制作された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

くまの子ウーフの関連キーワード喜田智津子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android