コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くまの子ウーフ

デジタル大辞泉プラスの解説

くまの子ウーフ

神沢利子、井上洋介による児童文学作品のシリーズ。考えることが好きな熊の子供ウーフが主人公。1969年に第1作『くまの子ウーフ』が刊行され、以降多数の続編が制作される。2001年には新装版として加筆再編集したものが発表された。小学校の国語教科書に採用される。アニメ化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

くまのこウーフ【くまの子ウーフ】

神沢利子の文、井上洋介の挿絵による児童文学作品。幼いクマの男の子ウーフの視点で、生きる喜びや世界の不思議をみずみずしく描き出す。昭和44年(1969)刊行。以降、数多くの続編が制作された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

くまの子ウーフの関連キーワード喜田智津子

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くまの子ウーフの関連情報