ぐっしゃり

精選版 日本国語大辞典「ぐっしゃり」の解説

ぐっしゃり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 柔らかいものなどが押しつぶされたり、何かがささったりするさまを表わす語。
※敬説筆記(18C前)「は、ぐっしゃりとせぬこと、は、ほどけずに引しまってをること也」
② ひどく落胆するさまを表わす語。
蟹工船(1929)〈小林多喜二〉九「何も云へない程ぐっしゃりつぶされてしまってゐた」
③ ひどく濡れているさまを表わす語。ぐっしょり。
※土(1910)〈長塚節〉二一「刈られてぐっしゃりと湿って居るが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android