コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林多喜二 こばやしたきじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林多喜二
こばやしたきじ

[生]1903.10.13. 秋田,下川沿
[没]1933.2.20. 東京
小説家。 1924年小樽高等商業学校卒業。銀行に勤めながら次第に共産主義運動に近づき,特高警察の拷問と,それに耐える党員労働者の人間像を描いた『一九二八年三月十五日』 (1928) で認められ,29年『蟹工船』『不在地主』,30年『工場細胞』などを発表。 29年には銀行を解雇され,30年には不敬罪などで入獄,日本プロレタリア作家同盟の書記長に選ばれた 31年共産党に入党したが,33年には党活動中再逮捕されて拷問虐殺された。早くから志賀直哉に傾倒して,対象把握の手法を学び,政治運動化したプロレタリア文学の最前衛で,特に集団描写にすぐれたリアリティを完成した。最後まで思想を捨てなかったプロレタリア文学運動の象徴的存在である。その他の著作『党生活者』 (33,発表時『転換時代』) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小林多喜二

1903(明治36)年、下川沿村(今の大館市)に生まれる。4歳で家族と一緒に、伯父のいる北海道の小樽に移住。小樽高商(今の小樽商科大学)を卒業後、北海道拓殖銀行に入る。29年に「蟹工船」や「不在地主」を発表、この年、プロレタリア文学の執筆がもとで銀行を解雇された。30年に上京、作家活動を続ける。33年2月20日、特高警察治安維持法違反の疑いで逮捕。築地署で拷問を受け、虐殺された。代表作「蟹工船」は近年、ワーキングプアと呼ばれる現代の労働者との類似性が若者らを中心に再び共感を集め、読者層が広がっている。

(2010-02-28 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

小林多喜二【こばやしたきじ】

小説家。秋田県生れ。小樽高商卒。初め志賀直哉,ドストエフスキーらに傾倒して小説家を志す。労働運動,社会主義思想に接近し,プロレタリア文学運動の地方組織に参加。1928年《戦旗》に《一九二八年三月十五日》を発表し蔵原惟人の理論の実践として注目された。
→関連項目岡本唐貴ナップ(NAPF)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林多喜二 こばやし-たきじ

1903-1933 昭和時代前期の小説家。
明治36年10月13日生まれ。志賀直哉に傾倒して創作をはじめるが,のち労働運動,社会主義思想に接近。昭和4年の「蟹(かに)工船」「不在地主」でプロレタリア作家としてみとめられる。6年共産党に入党。非合法活動中の昭和8年2月20日逮捕され,同日拷問(ごうもん)で殺された。31歳。秋田県出身。小樽高商(現小樽商大)卒。著作はほかに「防雪林」「党生活者」など。
【格言など】死因を外の同志に知らせてくれ(最期の言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こばやしたきじ【小林多喜二】

1903‐33(明治36‐昭和8)
小説家。秋田県の農家に生まれたが,生家没落により小樽に移住。伯父のパン工場の手伝いをしながら小樽商業を経て小樽高商に進み,卒業後北海道拓殖銀行小樽支店に勤務。商業学校時代から詩,短編小説などの制作をはじめ,トルストイ,ドストエフスキー,ゴーリキーなどを読み,また志賀直哉に私淑しつつ作家の道を志す。さらに社会科学を学び,労働運動にかかわり,プロレタリア文学運動に参加。1928年3月,三・一五事件直後,全日本無産者芸術連盟(ナップ)が成立したが,その機関誌戦旗》に《一九二八年三月十五日》を発表して注目され,ついで《蟹工船》(1929)により革命的リアリズムの作家として地位を確立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こばやしたきじ【小林多喜二】

1903~1933) 小説家。秋田県生まれ。「一九二八年三月十五日」でプロレタリア文学の旗手として登場。「蟹工船」「党生活者」など労働運動・革命運動の現実を書いた。地下活動のさなか、官憲の手で虐殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林多喜二
こばやしたきじ
(1903―1933)

小説家。明治36年10月13日、秋田県下川沿(しもかわぞえ)村(現大館(おおだて)市)の没落農家に生まれる。4歳のとき一家は伯父を頼って北海道小樽(おたる)市へ移住。伯父の援助で小樽商業学校、小樽高等商業学校(現小樽商科大学)を卒業、北海道拓殖銀行に勤務。少年時代から校友会誌や回覧雑誌、文壇の投稿雑誌に作品を掲載、また同人誌『クラルテ』も創刊。この間、志賀直哉(なおや)に傾倒し、さらにゴーリキー、葉山嘉樹(よしき)に影響され、社会科学の勉強も積んでプロレタリア文学へと進み出、労働運動にもつながった。
 1927年(昭和2)労農芸術家連盟(分裂後は前衛芸術家同盟)に加入、中編『防雪林』(生前未発表)を書く。三・一五事件で検挙拷問された小樽の労働者群像を描いた『一九二八年三月十五日』(1928)を全日本無産者芸術連盟の機関誌『戦旗』に発表し一躍注目を浴び、続けて『蟹工船(かにこうせん)』(1929)、『不在地主』(1929)の力作を発表、左翼文学の最前衛となったが、拓銀を解雇され翌春上京。『工場細胞』(1930)発表直後に逮捕され、治安維持法違反容疑で5か月間収監された。31年出獄後『オルグ』『独房』『安子』(ともに1931)などで文学運動の先陣にたち、日本プロレタリア作家同盟書記長となり、日本共産党に入党後は日本プロレタリア文化連盟の結成に尽力した。32年春、地下活動に入り、文化団体の党グループ責任者として『右翼的偏向の諸問題』(1932)など多くの評論を書き、大作『転形期の人々』(1931~32)に取り組んだ(序編だけで未完)。33年(昭和8)2月20日、スパイの手引きで逮捕され、即日拷問で殺された。『地区の人々』(1933)発表直後であった。死後『転換時代』(『党生活者』の仮題)が掲載された。やや図式的・観念的な主題に傾きながらも、抵抗の精神と人間愛を貫き、大衆に読まれる要素を導入した明快な文体や構想力は、いまも新鮮である。[小笠原克]
『『新版 小林多喜二全集』全7巻(1983・新日本出版社) ▽手塚英孝著『小林多喜二』上下(1973・新日本出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小林多喜二の言及

【蟹工船】より

小林多喜二の中編小説。1929年(昭和4)5~6月の《戦旗》に発表。…

※「小林多喜二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小林多喜二の関連キーワード蟹工船(小林多喜二の小説)イゴール ヴァルドゥリコップ(KOPFJ)ノーマ フィールド小樽市立小樽文学館蟹工船(文学)いまむらいづみさまざまな青春北海道立文学館石島 房太郎E. ピヌス伊藤 ふじ子安田徳太郎小田切秀雄若林 つや中川 明徳林 容一郎手塚 英孝伊藤ふじ子今村 恒夫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林多喜二の関連情報