こっちゃ(読み)コッチャ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐ちゃ

[連語]
「ことじゃ」の音変化。「いや、大変なこっちゃ」「こりゃえらいこっちゃ
「ことでは」の音変化。「知ったこっちゃない」「そんなこっちゃ困る」
「ことやら」の音変化。「何のこっちゃわからん」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こっちゃ

( 連語 )
「ことでは」の転。 「そんな-あかん」 「だから言わない-ない」
「ことじゃ」の転。ことだ。主に関西地方で用いる。 「えらい-」 「何の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こっ‐ちゃ

連語
① (「ことぢゃ」の変化したもの) ことである。ことだ。
浄瑠璃・難波丸金鶏(1759)諸人一代道中記「早いこっちゃと言捨て、禿(かぶろ)はぴしゃん走行」
② 「ことでは」の変化したもの。
※浄瑠璃・御所桜堀川夜討(1737)三「卒爾(そつじ)に斬らしゃったら聞くこっちゃござんせぬぞ」
③ (「こっちゃやら」の略) ことであるやら。ことやら。
※浄瑠璃・一谷嫩軍記(1751)三「イヤわしゃあんまり口早で何のこっちゃ訳が知れまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こっちゃの関連情報