コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一谷嫩軍記 いちのたにふたばぐんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一谷嫩軍記
いちのたにふたばぐんき

浄瑠璃。時代物。5段。並木宗輔らの合作。宝暦1 (1751) 年大坂豊竹座初演。立役者の宗輔が3段目の執筆途中で没したため,ほかの作者により完成されたと伝えられる。『平家物語』などの軍記物にみられる,平敦盛熊谷直実平忠度岡部六弥太の話を脚色し,平家方に寄せる源義経温情と,それを汲み取った直実,六弥太苦衷を描く。同2年には江戸,大坂で歌舞伎化され,以後今日まで文楽,歌舞伎の主要演目として繰返し上演される。特に3段目「熊谷陣屋」が名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

一谷嫩軍記【いちのたにふたばぐんき】

並木宗輔ほか作の浄瑠璃。またこれに基づく歌舞伎劇。1751年初演。《平家物語》中の熊谷直実と平敦盛の話を中心に劇化。熊谷が一ノ谷の戦で敦盛の身代りにわが子小次郎を討ち,その首を源義経に差し出す〈熊谷陣屋〉の場が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちのたにふたばぐんき【一谷嫩軍記】

人形浄瑠璃。時代物。5段。1751年(宝暦1)12月大坂豊竹座初演。並木宗輔,浅田一鳥浪岡鯨児,並木正三らの合作。宗輔が三段目までを書き,没後に浅田らが完成したと伝えられる。《平家物語》の世界から,一ノ谷の戦における岡部六弥太と平忠度,熊谷次郎直実と平敦盛の戦いの部分を抽出し,脚色したもの。源義経の指令によって,六弥太は忠度に〈さざ波や〉の歌が《千載集》に入集したことを伝えるので,忠度はその恩によって,六弥太に討たれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちのたにふたばぐんき【一谷嫩軍記】

人形浄瑠璃、時代物の一。並木宗輔そうすけら合作。1751年初演。一谷合戦での熊谷直実なおざねと平敦盛あつもり、平忠度ただのりと岡部六弥太の物語を脚色したもの。眼目は三段目の「熊谷陣屋」。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一谷嫩軍記
いちのたにふたばぐんき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。並木宗輔(そうすけ)、浅田一鳥(いっちょう)、浪岡鯨児(なみおかげいじ)、並木正三(しょうざ)、難波三蔵(なんばさんぞう)、豊竹(とよたけ)甚六合作。1751年(宝暦1)12月大坂・豊竹座初演。翌年5月には歌舞伎(かぶき)に移された。『平家物語』のなかでもとくに親しまれた一ノ谷合戦を脚色、熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)と無官太夫敦盛(むかんのたゆうあつもり)、岡部六弥太(おかべろくやた)と薩摩守(さつまのかみ)忠度(ただのり)の二つの筋で構成されるが、熊谷の話が人気をよんで、人形でも歌舞伎でも多く上演される。通称「熊谷」。
 初段―源義経(よしつね)は熊谷直実に「一枝(いっし)を切らば一指(いっし)を切るべし」の制札を与え、桜の花にたとえて平家の公達(きんだち)の命を助けよとの意をほのめかす。二段口(くち)(陣門、組討(くみうち))―須磨浦(すまうら)で熊谷は沖に乗り入れた敦盛を呼び返して討つ。敦盛の許嫁(いいなずけ)玉織姫(たまおりひめ)は、邪恋の平山武者所(ひらやまのむしゃどころ)に切られる。熊谷は敦盛と姫の死骸(しがい)をあつく弔う。浄瑠璃に熊谷の心境を釈迦(しゃか)入山にたとえた「檀特山(だんとくせん)の憂(う)き別れ」という文句があるので「檀特山」ともよばれる場面。三段目(熊谷陣屋)―熊谷の妻相模(さがみ)は、わが子小次郎の安否を気遣って生田森(いくたのもり)の陣所を訪れる。敦盛の母藤(ふじ)の方は、熊谷を仇(あだ)とねらうが、義経の前で敦盛の首実検が行われると、意外な真相が判明する。熊谷は義経の意を体し、藤の方から受けた恩を返すため、須磨浦で敦盛を討つとみせて実は小次郎を身代りに立てたのだった。一方、義経は、ひそかに平家の菩提(ぼだい)を弔う石屋弥陀六(みだろく)を弥平兵衛宗清(やへいびょうえむねきよ)と見破り、幼時に助命された恩を謝し、贈り物として敦盛を隠した鎧櫃(よろいびつ)を与える。熊谷は出家して小次郎を弔う。
 戦争と武士道のむなしさを感じさせる名作で、ことに「陣屋」は、熊谷が藤の方に戦場のようすを述べる「物語」、「首実検」で制札を担いだ大見得(みえ)、相模の愁嘆など見どころが多く、また、演出の洗練された場面として上演回数も多い。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一谷嫩軍記の言及

【熊谷直実】より

…謡曲《敦盛》になると,音楽にたんのうな敦盛の伝承を生かしながら,亡霊となった敦盛が,念仏者である直実を現在の仇として討たんとしながらも念仏回向を頼み,同じ蓮(はちす)に生まれることを願うという趣向に変わっている。近世に入ると,浄瑠璃の《一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)》(1751初演)が名高いが,三段目(切,生田熊谷陣屋)はよく知られており,義経の内意を悟った直実が,表面は敦盛を討ち取ったと見せ,一子小太郎を身替りに立てるという改変を行っている。そのほか同じ浄瑠璃に,延宝期(1673‐81)に宇治加賀掾の語った《念仏往生記》や享保期(1716‐36)の説経節,天満八太夫の正本《熊谷先陣問答》があるが,共通したモティーフとして,出家した熊谷の庵を,父と知らず訪ねた姉弟に,名のりをせずして帰してしまう道心堅固な直実の像が語られている。…

【忠度】より

…修羅道の苦しみはまったく描かれていない。《敦盛》とともに人形浄瑠璃《一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)》などの原拠。【横道 万里雄】。…

【並木宗輔】より

…なお《菅原伝授手習鑑》《義経千本桜》《仮名手本忠臣蔵》《双蝶々曲輪日記》は,正本署名上では元祖および2世竹田出雲が立作者の形をとっているが,作風,作家経験,出雲の座本としての立場などを勘案すると,いずれも実質的立作者は宗輔と考えられる。
[第2豊竹座時代]
 1750年(寛延3)《文武世継梅》を最後に竹本座を離れ,並木宗輔の名に復して豊竹座に帰り,51年《一谷嫩軍記》を三段目まで執筆したが,完成を見ずに9月7日に没した。墓は大阪市中央区中寺町より移転,現在は枚方市田口山の本覚寺にある。…

※「一谷嫩軍記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一谷嫩軍記の関連キーワード豊竹 若太夫(10代目)竹本 津太夫(4代目)尾上 松緑(2代目)中村 芝翫(4代目)中村吉右衛門(1世)中村橋之助(3代)松本 白鸚(初代)豊竹駒太夫(1世)吉田玉助(3世)豊竹 山城少掾竹本大隅太夫豊竹筑前少掾訳を立てる御覧じゃる窶す・俏す市川 寿朝ちょびくさ豊竹若太夫吉田 玉男人形浄瑠璃

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一谷嫩軍記の関連情報