コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所桜堀川夜討 ごしょざくらほりかわようち

5件 の用語解説(御所桜堀川夜討の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御所桜堀川夜討
ごしょざくらほりかわようち

浄瑠璃。時代物。5段。文耕堂三好松洛合作。元文2 (1737) 年大坂竹本座初演。『平家物語』『義経記』などで知られる土佐坊昌俊が,源頼朝の命により義経を襲撃した堀川夜討のくだりを中心にすえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしょざくらほりかわようち〔ゴシヨざくらほりかはようち〕【御所桜堀川夜討】

浄瑠璃時代物。五段。松田文耕堂三好松洛合作。元文2年(1737)大坂竹本座初演。三段目の切(きり)弁慶上使」、四段目の中(なか)「藤弥太物語」などが今日でも上演される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごしょざくらほりかわようち【御所桜堀川夜討】

人形浄瑠璃。時代物。5段。文耕堂三好松洛による合作。1737年(元文2)1月大坂竹本座で初演。正本包紙には〈ごしょさくら〉とある。《平家物語》《義経記》などの土佐坊のことを中心に,伊勢三郎,弁慶,静などの伝説を加え,また謡曲《邯鄲(かんたん)》をもじったり(五段目の景事《花扇邯鄲枕》)して脚色したもの。歌舞伎では,55年(宝暦5)6月京の沢村国太郎座が初演か。(1)一段目 頼朝は,平時忠の娘京(卿)の君を妻にしている義経を討つため,梶原景高を都に上らせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごしょざくらほりかわようち【御所桜堀川夜討】

人形浄瑠璃、時代物の一。文耕堂・三好松洛作。1737年初演。通称「堀川夜討」。「平家物語」「義経記」などの土佐坊昌俊しようしゆんが堀川御所を襲撃したことを中心とし、義経・伊勢三郎・弁慶・静御前などの伝説を加えて脚色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御所桜堀川夜討
ごしょざくらほりかわようち

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。文耕堂(ぶんこうどう)・三好松洛(みよししょうらく)合作。1737年(元文2)1月大坂・竹本座初演。『平家物語』『義経記(ぎけいき)』などから源義経(よしつね)をめぐる土佐坊昌俊(しょうしゅん)、弁慶、静御前などを中心に脚色。歌舞伎(かぶき)にも移されたが、三段目「弁慶上使」がもっとも有名で、ついで四段目「藤弥太(とうやた)物語」が上演される。「弁慶上使」は、義経が平時忠(たいらのときただ)の娘卿(きょう)の君を妻にしているので、潔白を証明するためその首を打てとの厳命が頼朝から下り、卿の君を預かる侍従(じじゅう)太郎館に弁慶が使者に来る場面。太郎夫婦は物縫女おわさの娘、腰元信夫(しのぶ)を身替りにしようとするが、おわさは18年前に契って別れた信夫の父と会うまではと承知しない。弁慶はいきなり信夫を刺し、自分こそ18年前の男と物語り、取り交わした証拠の片袖(かたそで)を見せ、娘の首を打って身替りにたてる。豪傑弁慶の一生に一度の恋という変わった主題に、おわさの年増(としま)の恋情と母性愛が織り込まれた異色の身替り物。「藤弥太物語」は、助けられた卿の君が静御前の侍女としてかくまわれる堀川御所が舞台。静の兄藤弥太は梶原(かじわら)に内通して夜討ちの手引きをするが、母磯(いそ)の禅司に切られて改心し、攻め寄せた討手と戦うというもの。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御所桜堀川夜討の言及

【文耕堂】より

…初期は長谷川千四との合作が多く,30年の《三浦大助紅梅靮》,同じく《須磨都源平躑躅(すまのみやこげんぺいつつじ)》,31年9月の《鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりやくのまき)》,32年9月の《壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)》などがあり,現在も人形浄瑠璃,歌舞伎ともに上演されることが多い。ほかに,三好松洛との合作として36年(元文1)5月の《敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)》,37年1月の《御所桜堀川夜討(ごしよざくらほりかわようち)》,38年1月の《行平磯馴松(ゆきひらそなれまつ)》がある。竹田出雲との合作には,38年8月《小栗判官車街道(おぐりはんがんくるまかいどう)》,39年4月の《ひらかな盛衰記》,40年7月の《将門冠合戦(まさかどかむりがつせん)》などがある。…

※「御所桜堀川夜討」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御所桜堀川夜討の関連キーワードひらかな盛衰記壇浦兜軍記操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座新薄雪物語松田文耕堂倭仮名在原系図浅田可啓猫騒動物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御所桜堀川夜討の関連情報