コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごま葉枯病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

ごま葉枯病(トウモロコシ)

最も重要な糸状菌病。梅雨明け頃から発生が始まり、葉および葉鞘にオレンジ色〜黄褐色、楕円形、長さ0.5〜2cm、幅2〜5mm程度の病斑を多数形成する。多発した場合は植物全体が枯れ上がる。8月から9月にかけて発生が増加する生育後期の病害病原菌分生胞子が風雨で飛散して、まん延する。レーストウモロコシの雄性不稔細胞質の型に応じて存在し、日本ではレースOが発生している。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

ごま葉枯病(トウモロコシ)の関連キーワード斑点病(トウモロコシ)ごま葉枯病セレサン秋落ち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android