コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごま葉枯病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(ごま葉枯病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ごま葉枯病(トウモロコシ)

最も重要な糸状菌病。梅雨明け頃から発生が始まり、葉および葉鞘にオレンジ色〜黄褐色、楕円形、長さ0.5〜2cm、幅2〜5mm程度の病斑を多数形成する。多発した場合は植物全体が枯れ上がる。8月から9月にかけて発生が増加する生育後期の病害。病原菌分生胞子が風雨で飛散して、まん延する。レーストウモロコシ雄性不稔細胞質の型に応じて存在し、日本ではレースOが発生している。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごま葉枯病(トウモロコシ)の関連キーワード糸状菌出梅梅雨明け梅雨入り黒穂病(トウモロコシ)夏葉枯病(オーチャードグラス)炭疽病(ベルベットグラス)すす葉枯病(ローズグラス)ダラースポット病(ベントグラス)葉腐病(ベントグラス)