さいかちむし

精選版 日本国語大辞典の解説

さいかち‐むし【莢虫】

〘名〙
① (サイカチの木によくいるところから) 兜虫(かぶとむし)。さいかしむし。《季・夏》
雑俳・川傍柳(1780‐83)四「さいかち虫の飛ことを子はしらず」
② (兜虫に似ているのでいう) 髪の毛を束ねて、頭の中央に立てた子どものこと。
※雑俳・川柳評万句合‐安永九(1780)智五「ぼんおどりさいかち虫がふせぎなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android