コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さ身 サミ

デジタル大辞泉の解説

さ‐み【さ身】

物の主となる部分。なかみ。
「やつめさす出雲建(いづもたける)が佩(は)ける太刀つづら多(さは)巻き―(=刀身)なしにあはれ」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さみ【さ身】

〔「さ」は接頭語〕
物の主となる部分。なかみ。 「出雲建が佩ける刀たち、黒葛つづらさは巻き、-無しにあはれ/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さ身の関連キーワード大木よね闘争宣言マンソン孤虫症鳥・鶏丈・長接頭語沢煮

さ身の関連情報