しくほく(読み)シクホク

デジタル大辞泉の解説

しく‐ほく

[副]
あわれげに泣くさま。
「―と啼(な)かしめて」〈四河入海・九〉
病気などで痛むさま。
「虫気でひさしう―いたしてをりましたが」〈滑・浮世床・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しく‐ほく

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 病気などで痛むさま、弱って元気のないさまを表わす語。しくしく。
※襟帯集(1569)「なぜに是程しくほくとは話るぞ。なれば、機々━あれもこちも機縁相契た程に、惜別で語ぞ」
② 元気なくあわれげに泣くさまを表わす語。しくしく。
※四河入海(17C前)九「しくほくと啼(なか)しめて悲しましめうすらう」
③ 雨が静かに降るさまを表わす語。しとしと。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android