じゃらくら(読み)ジャラクラ

デジタル大辞泉の解説

じゃら‐くら

[副](スル)なまめかしく戯れあうさま。でれでれ。じゃらじゃら。
「白粉(おしろい)を塗って―されては虫唾(むしず)が走る」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃらくら

( 副 ) スル
でれでれと色めいてふざけ合うさま。 「 -して女郎の腐つたやうなが/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃら‐くら

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) だらしなくふざけるさまを表わす語。特に、男女がたわむれ合うさまにいう。でれでれ。じゃらじゃらじゃらりくらり
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「とまりどまりの赤前垂にじゃらくらいたさない様に」
※談義本・艷道通鑑(1715)三「左礼右礼(ジャラクラ)(こう)じて鈍や愚やとなりければ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「お勢も日を経るままに草臥(くたび)れたか、余りじゃらくらもしなくなって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android