コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(すす紋病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)

冷涼地での代表的な斑点性の糸状菌病。開花期前後から発生し、周縁部紫褐色、中心部灰白色、長さ2〜10cm、幅0.5〜1cm程度の紡錘形病斑を形成する。後に病斑が融合し、葉全体が灰色から紫色に枯れ上がる。病斑は古くなると、胞子が形成されて中央部が黒くかび、これが飛散してまん延する。比較的低温条件で多発し、特に開花期前にまん延すると収量への影響が大きくなる。病原菌は寄生性が分化しており、一般的にはトウモロコシのすす紋病菌はソルガムを侵さない。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)角斑病(チモシー)いぼ斑点病(アカクローバ)そばかす病(アカクローバ)すす点病(アカクローバ)いぼ斑点病(シロクローバ)そばかす病(シロクローバ)そばかす病(アルサイククローバ)そばかす病(ストロベリークローバ)そばかす病(スィートクローバ)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone