コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すててこ踊(り) ステテコオドリ

デジタル大辞泉の解説

すててこ‐おどり〔‐をどり〕【すててこ踊(り)】

明治初期、宴席で吉原の幇間(ほうかん)が踊ったこっけいな踊り。うしろ鉢巻きに、じんじん端折りをして踊った。明治13年(1880)落語家初世三遊亭円遊が高座で演じて流行。鼻をつまんで捨てる真似をするところから名がついたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のすててこ踊(り)の言及

【すててこ】より

…現在では胴まわりにゴム紐を用いたロング・パンツが一般的。すててこの名の起りは,1880年ころ,寄席芸人三遊亭円遊が長くて太いパッチを出して踊った〈すててこ踊〉からといわれている。【南本 珠己】。…

※「すててこ踊(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

すててこ踊(り)の関連キーワード三遊亭円遊(3代)三遊亭円遊(1世)三遊亭三福(初代)すててこ手古舞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android