コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そそり立てる ソソリタテル

デジタル大辞泉の解説

そそり‐た・てる【そそり立てる】

[動タ下一][文]そそりた・つ[タ下二]
ある気持ちをしきりに起こさせる。あおり立てる。「好奇心が―・てられた」
おだてあげる。騒ぎたてる。
「瑞相(ずいさう)めでたしめでたしと―・つれば」〈浄・浪花鑑

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そそりたてる【そそり立てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 そそりた・つ
ある気持ちや感情を強く起こさせる。また、あおりたてる。 「変に肉感と冒険心とを-・てて響いて来た/星座 武郎
おだてあげる。 「明神にお成りなさるる瑞相めでたしめでたしと、-・てれば/浄瑠璃・夏祭」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

そそり立てるの関連キーワード好奇心挑発煽つ瑞相

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android