コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野葉舟 みずの ようしゅう

美術人名辞典の解説

水野葉舟

詩人・作家・歌人。本名盈太郎、別号を蝶郎。東京住。早大卒。『明星』初期歌人として活躍。窪田空穂の『山比古』同人。自然主義文学の影響を受け小説を書き注目されるが、のち千葉県下に帰農。著書に詩集『あららぎ』、小説集『悪夢』等がある。昭和22年(1947)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野葉舟 みずの-ようしゅう

1883-1947 明治-昭和時代の歌人,詩人,小説家。
明治16年4月9日生まれ。39年詩文集「あららぎ」,窪田空穂(うつぼ)との共著歌集「明暗」によりデビュー。短編集「微温」,小品集「草と人」などで自然主義文学に独自の地位をしめる。大正13年千葉県印旛郡で半農生活にはいった。昭和22年2月2日死去。65歳。東京出身。早大卒。本名は盈太郎。筆名は別に蝶郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水野葉舟
みずのようしゅう
(1883―1947)

歌人、詩人、小説家、随筆家。本名盈太郎(みつたろう)、別号蝶郎。東京・下谷(したや)生まれ。早稲田(わせだ)大学政経科卒業。中学生のときから『文庫』などに詩歌を投じ、初期『明星』に詩歌を発表、窪田空穂(くぼたうつぼ)中心の『山比古(やまびこ)』同人となり、1906年(明治39)詩文集『あららぎ』、空穂と合著歌集『明暗』出版。小品文集『響(ひびき)』(1908)以後短編小説にも活躍、繊細で感覚的な作により流行作家となる。トルストイや親友高村光太郎の影響により、24年(大正13)から千葉県三里塚で半農生活をした。小説集『微温』、小品集『草と人』、歌集『滴瀝(てきれき)』、『明治文学の潮流』など多くの著作がある。[武川忠一]
『『明治文学全集72 水野葉舟他集』(1969・筑摩書房) ▽『水野葉舟』(『窪田空穂全集11』1965・角川書店) ▽岡野他家夫「水野葉舟と初期の作品」(『日本近代文学』1970.10所収・日本近代文学会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水野葉舟の関連キーワード鈴木 泉三郎鈴木泉三郎北尾 亀男昭和時代小品文水野清明治

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android