コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野葉舟 みずの ようしゅう

3件 の用語解説(水野葉舟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

水野葉舟

詩人・作家・歌人。本名盈太郎、別号を蝶郎。東京住。早大卒。『明星』初期歌人として活躍。窪田空穂の『山比古』同人。自然主義文学の影響を受け小説を書き注目されるが、のち千葉県下に帰農。著書に詩集『あららぎ』、小説集『悪夢』等がある。昭和22年(1947)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野葉舟 みずの-ようしゅう

1883-1947 明治-昭和時代の歌人,詩人,小説家。
明治16年4月9日生まれ。39年詩文集「あららぎ」,窪田空穂(うつぼ)との共著歌集「明暗」によりデビュー。短編集「微温」,小品集「草と人」などで自然主義文学に独自の地位をしめる。大正13年千葉県印旛郡で半農生活にはいった。昭和22年2月2日死去。65歳。東京出身。早大卒。本名は盈太郎。筆名は別に蝶郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水野葉舟
みずのようしゅう
(1883―1947)

歌人、詩人、小説家、随筆家。本名盈太郎(みつたろう)、別号蝶郎。東京・下谷(したや)生まれ。早稲田(わせだ)大学政経科卒業。中学生のときから『文庫』などに詩歌を投じ、初期『明星』に詩歌を発表、窪田空穂(くぼたうつぼ)中心の『山比古(やまびこ)』同人となり、1906年(明治39)詩文集『あららぎ』、空穂と合著歌集『明暗』出版。小品文集『響(ひびき)』(1908)以後短編小説にも活躍、繊細で感覚的な作により流行作家となる。トルストイや親友高村光太郎の影響により、24年(大正13)から千葉県三里塚で半農生活をした。小説集『微温』、小品集『草と人』、歌集『滴瀝(てきれき)』、『明治文学の潮流』など多くの著作がある。[武川忠一]
『『明治文学全集72 水野葉舟他集』(1969・筑摩書房) ▽『水野葉舟』(『窪田空穂全集11』1965・角川書店) ▽岡野他家夫「水野葉舟と初期の作品」(『日本近代文学』1970.10所収・日本近代文学会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水野葉舟の関連キーワード岡千里小口みち子関橋守高安やす子谷邦夫中島哀浪西出うつ木林古渓三井甲之山川柳子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone