そもやそも(読み)ソモヤソモ

  • そもや そも

精選版 日本国語大辞典の解説

「そもそも」を強めたもの。いったいぜんたい。どうしてどうして。
※虎明本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「思ふても見させられひ、此さるを以て私が身命を送りまらするに、そもやそも、そのかはをかして跡がやくにたつ物でござるか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android