ぞよぞよ(読み)ゾヨゾヨ

デジタル大辞泉の解説

ぞよ‐ぞよ

[副]小さい虫などが多く集まっているさま。ぞろぞろ。
「塗渡(とわた)る蟻、散る蜘蛛の子とうようよ―沸き出でて来るのは」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞよぞよ

( 副 )
虫などが多く集まり動くさま。うようよ。ぞろぞろ。 「塗渡とわたる蟻、散る蜘蛛の子とうよ〱-沸出でて来るのは/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞよ‐ぞよ

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小さな虫などが多く群がり集まっているさま、また、集まってくるさまを表わす語。うようよ。ぞろぞろ。また、蚤や虱などが肌をはう不快な感触などを表わす語。
雑俳・百鵆(1730)「ぞよぞよと・一枚紙にいこと」
② 「そよそよ」よりもいくらか大きく、さわがしい音を表わす語。
※雑俳・百鵆(1730)「ぞよぞよと・薄(すすき)の浪を游(およ)ぐ鹿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android