コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だれ気味 ダレギミ

デジタル大辞泉の解説

だれ‐ぎみ【だれ気味】

[名・形動]
緊張が失われていること。だらけはじめていること。また、そのさま。「だれ気味な(の)後半戦」
相場に活気がなくなり、やや安くなること。また、そのさま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だれぎみ【だれ気味】

( 名 ・形動 )
だれている様子。緊張を欠いていること。また、そのさま。 「乱打戦で試合は-になってきた」
相場が下落する傾向にあること。 「市場は-の様相を呈している」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone