コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊張 きんちょうtension

翻訳|tension

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊張
きんちょう
tension

(1) 筋が伸長し続けている状態ないしそれに伴う感覚 (緊張感覚) のこと。 (2) 弛緩とは反対に,張りつめて注意を集中している際の感情状態の一つ。 W.ブントは快・不快,興奮・鎮静とともにこの緊張・弛緩を感情の主要な次元と考えた (→感情の三方向説 ) 。 (3) さらに注意や意志などにより,行動に統一性をもたせながら選択や判断を行う精神活動を可能にさせる心的な働き。 P.M.F.ジャネはこれを心理学的緊張 tension psychologiqueと呼んだ。 (4) K.レビンの行動的,力学的な心理学説における基本概念の一つ (→緊張体系 ) 。 (5) 敵対的な情緒を容易に生じさせ,かつ友好的な協調関係が困難な対人関係ないし集団間の関係を,特に社会的緊張と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐ちょう〔‐チヤウ〕【緊張】

[名](スル)
心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。「緊張をほぐす」「緊張した面もち」
相互の関係が悪くなり、争いの起こりそうな状態であること。「緊張が高まる」「緊張する国際情勢」
生理学で、筋肉や腱(けん)が一定の収縮状態を持続していること。
心理学で、ある行動への準備や、これから起こる現象・状況などを待ち受ける心の状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんちょう【緊張】

( 名 ) スル
気分が張りつめて、ゆるみのないこと。気を張り、からだをかたくすること。 「初めての講演で-する」
争いや騒ぎなどの起こりそうなただならぬようす。 「両国間の-が高まる」
〘生理〙 筋肉の収縮が持続している状態。強直と異なり疲労が少ない。トーヌス。
〘心〙
ある行動へ移ろうと準備するとき、またはこれから起ころうとする現象への対処などの際にみられる心的状態。
要求・意図が生じて心の均衡が破られた状態。それらの充足により解消する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緊張
きんちょう
tension

心理学用語。元来、力学や生理学で用いられていた緊張という概念を、心理学の用語として用いることを始めたのは、ジャネやフロイトなど、人間の心理的機能や意識を力動的に把握しようとする医学・心理学者たちで、ほぼ20世紀の初頭のことである。同じころ正統的な心理学の世界でも、ブントは、生理的緊張に伴う緊張感覚や、感情を構成する次元の一つとして、「緊張―弛緩(しかん)」の軸について記述している。1920年代にドイツに勃興(ぼっこう)し一世を風靡(ふうび)したゲシュタルト心理学の諸理論のなかで、レビンは、前述のフロイトの力動的パーソナリティー理論の影響を受けたと思われるパーソナリティーの力学説を展開した。以下レビンの学説のなかで、緊張という用語がどのように用いられているかを説明する。[細木照敏]

レビンの説

レビンは個体の行動を、個体内に生じる欲求と、環境内にあってこれらの欲求の目標となる誘因との間に成立する心的力のベクトルの力動的合成として表現することを試みた。つまり、個体のなかになんらかの欲求があり、環境の側にそれに対応する誘因があるとき、その個体を含む心理的な場に力学的不均衡が生じ、そこから均衡を回復しようとする傾向が生じる。これが緊張であり、このような力の場を緊張体系という。緊張は、行動が解発され欲求が充足されれば解消するが、もしそれが障壁のため阻止されれば、いつまでも体系内に残存して欲求不満状態(フラストレーション)を発生する。慢性的なフラストレーションは白昼夢などの代償や、怒り、攻撃などの情動暴発など、なんらかの病理的行動に陥ることが多い。
 以上がレビンによる緊張の説明であるが、このような構成概念としての緊張と、われわれが日常常識的なレベルで用いる緊張との間には多少の隔たりがある。[細木照敏]

一般的な意味

われわれは、公衆の面前で話をする際の緊張、長上や権威のある人と面接する際の緊張、さらには選抜試験受験の際の緊張などを口にする。これらの緊張ないし緊張感は複雑な感情の合成体で、かならずしも画一的に論じることは無理であるが、共通する因子として、成功・失敗に関する強い自意識、周囲の人々のまなざしに対する過敏なとらわれ、それに不安感などが複雑に絡み合った感情コンプレックスが考えられる。性格類型的には、完全癖が強く、一方では自分のすることに自信がもてない「自己不確実性格者」は、このような緊張感をもちやすいといわれている。
 社会心理学においては緊張を衝突への傾向としてとらえている。それが高まることにより、家族、種族、国家、体制などの内部や相互の間に有害な結果が発生するので、緊張解消のための早期の介入が必要である。[細木照敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

緊張の関連キーワードプフリューゲルの刺激法則コメディーリリーフプリューガーの法則おもな神経筋疾患リラクゼーションメプロバメート錐体外路症候群身を引き締めるハイテンション人心地が付く気が置けない手に汗を握る肩の力を抜く筋緊張性頭痛螺子が緩む固唾を呑むツルゴール弛緩性便秘気を許す気が緩む

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緊張の関連情報