コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちき チキ

デジタル大辞泉の解説

ちき

[接尾]人の状態を表す語に付いて、そのような人、そのような奴(やつ)の意を表す。「高慢ちき」「とんちき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちき

( 接尾 )
〔「てき(的)」の転か〕
人の状態を表す語に付いて、そのような奴やつの意を表す。からかいやあざけりの気持ちを込めていう語。 「高慢-」 「とん-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちきの関連キーワード国際連合環境開発会議おじゃまさんリュリュ立て引き・達引き頓痴気・頓癡気へんちきりんこんこんちき杠秤・扛秤日鑑(1)UNCED優陀那日輝妙ちきりん方位測定器遅月庵空阿小西有実和田寿郎オージーとんちき義理強いいさちる高慢ちき

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちきの関連情報