ちき(読み)チキ

デジタル大辞泉の解説

ちき

[接尾]人の状態を表す語に付いて、そのような人、そのような奴(やつ)の意を表す。「高慢ちき」「とんちき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちき

( 接尾 )
〔「てき(的)」の転か〕
人の状態を表す語に付いて、そのような奴やつの意を表す。からかいやあざけりの気持ちを込めていう語。 「高慢-」 「とん-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちき

〘接尾〙 (「てき(的)」の変化したものか) 人や人の状態を表わす語に付けて、からかいやあざけりの気持を込める。…な奴(やつ)の意。「高慢ちき」「とんちき」「こんこんちき」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちきの関連情報