である体(読み)デアルタイ

デジタル大辞泉「である体」の解説

である‐たい【である体】

口語文体の一。「吾輩は猫である」「古い話である」のように、文末の指定表現に「である」を用いることを基調とする文。「だ」体とともに常体といわれる。論説文をはじめ、書きことばに多く用いる。である調。→だ体です体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「である体」の解説

である‐たい【である体】

〘名〙 口語文体の一つ。文末の指定表現に「である」を用いる文体。敬体の「です・ます体」などに対し、常体と呼ばれ、主として論説・小説など書きことばに用いられる。である調。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android