でに

精選版 日本国語大辞典の解説

でに

〘語素〙 人称代名詞など、人を表わす体言に助詞「が」や「の」が接した形につき、それ自身で、それみずからの意を表わす副詞句をつくる。
※浄瑠璃・愛護若塒箱(1715頃)一「わしが男をわしがでにどうしようと構やんな」
※浄瑠璃・応神天皇八白旗(1734)四「お主のでに喰殺してお了ひなさるる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報