コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ときも

デジタル大辞泉プラスの解説

ときも

埼玉県川越市で主に活動する地域キャラクター。2009年登場。半分に切ったサツマイモモチーフ品種紅赤。頭に市内にある「時の鐘」を被っている。名称は「時」と「イモ」から。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ときもの関連キーワードオハヨウゴザイマース<ギョーカイ用語>Registrar's Office省察録[マルクス・アウレリウス]G. カブレラ・インファンテ沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありカブレラ・インファンテ常用型派遣と登録型派遣モーダルダイアログ観世銕之丞(5代)漏剋博士・漏尅博士クリームイエロー夢寐にも忘れないブレンネルの法則褻にも晴れにもテリーヌバッグ寝ても覚めてもノコギリモクタイトバックペロフスカヤ埼玉県川越市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ときもの関連情報