コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅赤 べにあか

色名がわかる辞典の解説

べにあか【紅赤】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としており、文章表現ではべにと同じだが、色を数値で表した場合は紅色よりも少し薄くなっている。一般に、ややくすんだ赤。印刷インキや化粧品の色名のほか、地ビールいも焼酎などの商品名にも用いられている。またサツマイモにも皮が赤い紅赤という品種がある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

紅赤

埼玉県で生産されるサツマイモ。1898年、埼玉県北足立郡木崎村(現在のさいたま市内)で、主婦、山田いち氏により発見された。在来種八房(やつふさ)」の枝変わり(突然変異種)で、皮色は鮮やかな赤、甘みが強く食感がよい。「川越いも」として知られる。「金時」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

紅赤の関連キーワードホッコクアカエビ(北国赤蝦)イッコウチョウ(一紅鳥)コウカンチョウ(紅冠鳥)エンコウガニ(猿猴蟹)ウメボシイソギンチャクフェノールフタレインカエデチョウ(楓鳥)ベニスズメ(紅雀)ハッチョウトンボルブロスカイリンショウジョウエビジングウツツジロドヒポクシスベニツケガニノコギリガニアカフジツボコミカンソウエンコウガニヒラドツツジアマリリス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android