コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とよのか

1件 の用語解説(とよのかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

とよのか

西日本、九州地域で主に生産されるイチゴ。粒は大きめで円錐形、果皮は鮮やかな赤色で光沢がある。酸味と甘みのバランスがよく、香りもよい。農水省野菜試験場久留米支場が「ひみこ」と「はるのか」を交配して育成した品種で、1984年品種登録。かつては「東の女峰(にょほう)、西のとよのか」といわれ人気を博したが、近年では「あまおう」などの別品種の登場により生産はやや減少している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とよのかの関連キーワードアイベリーあまおういちご娘おたふく菊菜かなかぶたけのこいも津田薯花みょうがももいちごゆめほっぺ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とよのかの関連情報