コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とよのか

1件 の用語解説(とよのかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

とよのか

西日本、九州地域で主に生産されるイチゴ。粒は大きめで円錐形、果皮は鮮やかな赤色で光沢がある。酸味と甘みのバランスがよく、香りもよい。農水省野菜試験場久留米支場が「ひみこ」と「はるのか」を交配して育成した品種で、1984年品種登録。かつては「東の女峰(にょほう)、西のとよのか」といわれ人気を博したが、近年では「あまおう」などの別品種の登場により生産はやや減少している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とよのかの関連キーワードアイベリーあまおういちご娘おたふく菊菜かなかぶたけのこいも津田薯花みょうがももいちごゆめほっぺ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とよのかの関連情報