女峰(にょほう)

デジタル大辞泉プラスの解説

女峰(にょほう)

栃木県を中心とする東日本で生産されるイチゴ。色は鮮赤色で、粒揃いがよく、甘みと酸味のバランスがよい。栃木県農業試験場が開発し、1985年に品種登録。「東の女峰、西のとよのか」といわれるほど広く親しまれた品種だったが、その後登場した「とちおとめ」にシェアを奪われた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女峰(にょほう)の関連情報