どがい

精選版 日本国語大辞典の解説

どがい

〘形動〙 (「どがいな」の形で連体詞的に、「どがいに」、また、単独で副詞的に用いられる) どのよう。どのように。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉五「お主はうちをどがいしようと思うて此処へ来た?」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android