牛部屋(読み)ウシベヤ

デジタル大辞泉の解説

うし‐べや【牛部屋】

牛小屋。
「―に蚊の声くらき残暑かな/芭蕉」〈三冊子・赤双紙〉
遊戯具の十六六指(じゅうろくむさし)の盤面で、三角形の突き出している部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしべや【牛部屋】

牛小屋。
「十六むさし」の盤の三角の所。雪隠せつちん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うし‐べや【牛部屋】

〘名〙
※俳諧・類船集(1676)安「芥(あくた)〈略〉牛部屋はこえをふまするとて、いくらもあくたを入をく事也」
② 遊戯具「十六むさし」の盤の三角になっている部分。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)四下「今その盤の三角なる処を牛部屋といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報