コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どら焼

デジタル大辞泉プラスの解説

どら焼

京都府京都市、笹屋伊織が製造・販売する銘菓小麦粉の生地の上に棒状のこし餡をのせて巻き焼いたもの。円筒形で竹の皮に巻かれている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

どら焼【どらやき】

菓子一種。小麦粉に砂糖,卵,ベーキングパウダーを加えて水どきし,鉄板に丸形に流して焼き,アズキ餡(あん)をはさんで2枚を重ねたもの。明治末流行,外形銅鑼(どら)に似る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

どら焼の関連キーワード北海道純生サンドきのら全国ふるさと甲子園極上なまどら焼ジャンボみかさ名物みかさ焼きどらやきの日京都府京都市おそいぞ武蔵どら焼き菊焼残月成金饅頭献上三笠焼き菓子近江富士三笠山駄菓子丸芳露生菓子焼菓子月三笠

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どら焼の関連情報