どり(読み)ドリ

デジタル大辞泉の解説

どり

鳥類の肺臓および気嚢(きのう)。紅血色で海綿状のもの。古くは有毒と思われていたが毒はない。「鳥は食ってもどり食うな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どり

鳥類の肺臓。赤く海綿状のもので、俗に毒があるといわれるが、根拠はない。 「鳥は食うとも-食うな」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どり

〘名〙 鳥または兎(うさぎ)などの肺臓。古くは有毒とされていたが、実際には毒はない。
※食道楽‐冬(1904)〈村井弦斎〉三三六「鶏を割いて見ると俗に云ふドリ即ち肺臓が変色して居るのも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どりの関連情報