コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どれい狩り どれいがり

2件 の用語解説(どれい狩りの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どれいがり【どれい狩り】

安部公房(1924‐93)の戯曲。《文芸》1954年12月号,55年3月号にまず小説として発表(題名は《奴隷狩》)。55年6月に戯曲として公演,戯曲集《どれい狩り・快速船・制服》に収録。人間にそっくりで人間とはちがう珍獣ウエーをめぐって事件が展開する。この動物の利用価値明らかになると,人々は争ってウエーを求め,やがて政治家がウエーの飼育事業を行うようになる。人間の労働が奴隷の利用価値に等しいものになっていることを暗示した政治風刺劇で,67年に改訂・再上演された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

どれい狩りの関連キーワード安部公房俳優座安部アルルの女安部真知内田栄一高野斗志美仁木順平真鍋呉夫森塚敏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone