どれい狩り(読み)どれいがり

世界大百科事典 第2版の解説

どれいがり【どれい狩り】

安部公房(1924‐93)の戯曲。《文芸》1954年12月号,55年3月号にまず小説として発表(題名は《奴隷狩》)。55年6月に戯曲として公演,戯曲集《どれい狩り・快速船・制服》に収録。人間にそっくりで人間とはちがう珍獣ウエーをめぐって事件が展開する。この動物の利用価値が明らかになると,人々は争ってウエーを求め,やがて政治家がウエーの飼育事業を行うようになる。人間の労働が奴隷の利用価値に等しいものになっていることを暗示した政治風刺劇で,67年に改訂・再上演された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

どれい狩り

安部公房による戯曲。1955年、劇団俳優座により初演。同年、第1回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android