コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸田国士戯曲賞 きしだくにおぎきょくしょう

2件 の用語解説(岸田国士戯曲賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸田国士戯曲賞
きしだくにおぎきょくしょう

白水社が 1955年に創設した新人劇作家のための賞。発表または上演された作品を対象として選考する。雑誌『新劇』の戯曲賞として発足,第7回 (1961) から『新劇』岸田戯曲賞と改称,第 23回 (79) から現在の名称となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きしだくにお‐ぎきょくしょう〔きしだくにをギキヨクシヤウ〕【岸田国士戯曲賞】

岸田国士を記念して創設された文学賞。昭和30年(1955)新劇戯曲賞として設置。昭和36年(1961)「新劇」岸田戯曲賞と改称、昭和54年(1979)に現在の名称となる。年に1回、活字化された戯曲作品を対象として選考される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岸田国士戯曲賞の関連キーワード中小企業中南米映画鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型ヤマハ 125 YA-1型必死の逃亡者春闘田川(市)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸田国士戯曲賞の関連情報