なめろう(読み)ナメロウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

なめろう

漁で忙しい漁師が、船上で、取れたての魚を出刃包丁の背などでたたいて骨ごと砕いておかずにしたのが始まり。食べ終わっても皿をなめるほどうまい、が名前の由来だという。

(2009-09-29 朝日新聞 朝刊 千葉全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

なめろう

アジなどの青魚を味噌や薬味と一緒に粘り気が出るまでたたいて作る料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なめろうの関連情報