コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青魚 アオザカナ

4件 の用語解説(青魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あお‐ざかな〔あを‐〕【青魚】

背の色の青い魚。サンマイワシサバなど。

あお‐うお〔あをうを〕【青魚】

コイ目コイ科の淡水魚。コイに似るが口ひげはなく、体色は青黒い。成熟すると全長1メートルを超える。原産地の中国では食用として養殖される。日本へは明治時代から移入されており、利根川水系で繁殖がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あおざかな【青魚】

背が青緑色を帯びた魚。イワシ類・サバ類・アジ類など。青物。青背魚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青魚
あおざかな

体の地色が青緑色を帯びた魚類の総称。青物(あおもの)ともいう。体色が赤みを帯びた赤物(あかもの)に対して用いられる。イワシ類、サンマ、サバ類、アジ類、ブリ、カツオ、マグロ類、カジキ類などがその代表である。青魚は体が紡錘形であり、体側筋がよく発達していて赤色を帯び、血合肉も多い。一般に海の表層で生活し、産卵や越冬、餌(えさ)取りなどのために大きな群れをなし、沿岸または外洋を活発に回遊する習性がある。このため生息圏が広くて資源量が多く、多獲性魚種として水産業上重要なものが多い。魚肉はエキス成分が多くて、それぞれ特有な食味がある。脂肪含量は年間を通じて変動が大きく、旬(しゅん)にはとくに多い。常温では鮮度の低下が早くて変敗しやすい欠点があり、サバ類のように死後、肉の中にできたヒスタミンによって中毒をおこすことがある。また、青魚はエイコサペンタエン酸(EPA。国際標記はイコサペンタエン酸=IPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)を多く含むことから、健康食品として注目されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青魚の関連キーワードいわし雲青物赤物鰯酸味噌煮赤身の魚塩乾品多脂ミール多獲性魚生姜煮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青魚の関連情報