にせドミトリー2世(読み)にせドミトリーにせい(英語表記)Lzhedmitrii II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

にせドミトリー2世
にせドミトリーにせい
Lzhedmitrii II

[生]?
[没]1610.12.21. カルーガ
ロシアの僭主。にせディミトリー2世とも表記される。にせドミトリー1世の暗殺後,名門貴族のワシーリー・シュイスキーツァーリに選ばれたが,ロシア国内は反乱が絶えなかった。 1606年の I.I.ボロトニコフに率いられた農民反乱のあと,07年には第2のにせドミトリーが現れて,モスクワ目指して進撃した。彼は前年殺されたにせドミトリー1世が,実は危うく難を逃れてロシアから脱出したのだと主張し,多くのポーランド貴族やコサックの支持を受け,軍をモスクワ郊外のツシノに進出させた。一時退却したが,10年7月再びモスクワを攻撃,敗れてカルーガに逃れ,この地で殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android