コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬっくり ヌックリ

2件 の用語解説(ぬっくりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬっくり

[副]
あたたかそうなさま。ぬくぬく。
「嫁の手織を―と着る」〈住吉みやげ〉
あつかましいさま。ぬけぬけと。
「右大将の威をかって、御辺―とまらんとや」〈浄・嫗山姥
うまく事を行うさま。
「御褒美恩賞方図は知れぬ。是を―と持たせて置く」〈浄・振袖始〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬっくり

( 副 )
あたたかなさま。ぬくぬく。 「 -かひいやりか/浄瑠璃・加賀国篠原合戦」
十分にあって豊かなさま。 「 -と臍くり金が有らうも知れぬ/浄瑠璃・いろは蔵三組盃」
首尾よく行くさま。ひそかにうまく事を運ぶさま。 「際の日に商人の見世を捨ててどこへ-這入つてぞ/浄瑠璃・生玉心中
厚かましいさま。平気でいるさま。 「襟元をほと〱と打ちたたき、-とした顔付きで/浄瑠璃・鎌倉三代記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone