ぬっくり(読み)ヌックリ

デジタル大辞泉の解説

ぬっくり

[副]
あたたかそうなさま。ぬくぬく。
「嫁の手織を―と着る」〈住吉みやげ〉
あつかましいさま。ぬけぬけと。
「右大将の威をかって、御辺―とまらんとや」〈浄・嫗山姥
うまく事を行うさま。
「御褒美恩賞方図は知れぬ。是を―と持たせて置く」〈・振袖始〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬっくり

( 副 )
あたたかなさま。ぬくぬく。 「 -かひいやりか/浄瑠璃・加賀国篠原合戦」
十分にあって豊かなさま。 「 -と臍くり金が有らうも知れぬ/浄瑠璃・いろは蔵三組盃」
首尾よく行くさま。ひそかにうまく事を運ぶさま。 「際の日に商人の見世を捨ててどこへ-這入つてぞ/浄瑠璃・生玉心中
厚かましいさま。平気でいるさま。 「襟元をほと〱と打ちたたき、-とした顔付きで/浄瑠璃・鎌倉三代記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬっくり

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物に覆われたりして暖かそうに見えるさまを表わす語。ぬくぬく。
※雑俳・替狂言(1702)「ぬっくりと・をとがいも巻く綿帽子」
② 周囲をはばからず、図太いさま、あつかましいさまを表わす語。ぬくぬく。
※俳諧・曠野(1689)五「ぬっくりと雪舟に乗たるにくさ哉〈荷兮〉」
浄瑠璃・平家女護島(1719)四「平家を亡せ入道を殺せなんど、俊寛を始人をかたらひ、ぬっくりとしたことたくまれし」
③ 財物などが豊かで思うままであるさま、思う存分であるさまを表わす語。
※浄瑠璃・日本振袖始(1718)三「帝へ上れば御褒美恩賞方図は知れぬ。是れをぬっくりと持たせて置く」
[2] 〘名〙 ((一)①から転じて) ぼんやりした者。まぬけ。
※浄瑠璃・摂津国長柄人柱(1727)四「今朝から庄屋のぬっくりは見えなんだか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android