手織(読み)テオリ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分で織ること。自宅で織ること。また、その織物。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「てをりの絹はまぜず」
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)中「蚊帳は手をりと急がしき」
② 機械でなく手で織りあげること。また、その織物。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「こりゃ手織(テオリ)ね。こんな地の好い着物は今迄縫った事がないわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手織の関連情報