コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿帽子 わたぼうし

6件 の用語解説(綿帽子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿帽子
わたぼうし

真綿を薄く引伸してつくったかぶりもの。おもに防寒用に用い,丸綿,舟綿,古今綿,促綿 (うなぎわた) などの形がある。室町時代から始り,江戸時代に一般に普及した。宝暦年間 (1751~64) 以後,烏帽子や頭巾に取って代られたが,儀礼用として婚礼,葬礼に綿帽子をかぶる習俗は,青森県野辺地地方,福島県相馬,五島列島小値賀島 (おじかじま) ,栃木県足利地方,山口県大島,香川県高松,福岡県福岡地方など,各地に昭和の初期まで残った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わた‐ぼうし【綿帽子】

真綿を広げて作ったかぶりもの。初めは防寒用として主に女性が用いた。のちには婚礼のときに新婦が前頭部をおおうのに用いるようになった。置き綿・被(かず)き綿・額(ひたい)綿。 冬》「声もせで暗き夜舟や―/太祇
山や木に雪の積もっているようすをいう語。「はやくも富士山が―をかぶってる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

綿帽子【わたぼうし】

真綿を薄く引き伸ばし,ふのりで固めたかぶり物。室町ごろからあり,防寒用として男女とも用いたが,江戸以後は女性が用いた。白のほか紫,浅黄等の染綿も使われ,形により丸綿,舟綿などがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わたぼうし【綿帽子】

江戸時代の婦女子が用いた被り物の一種。この名が見られるのは足利義政の歌で,〈われながらけさはするがの富士のねに綿ぼうしともなれる雲かな〉(《古今沿革考》巻九)と詠まれており,中世上流婦女子の〈小袖被衣(かずき)〉から変化したものと思われる。被衣は野外を歩くとき,頭からすっぽりと小袖をかぶって顔を隠すために用いたもので,女子のみでなく男子も寒涼の際にはこの姿をして外出したが,綿帽子にも被衣と同様の意味が含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わたぼうし【綿帽子】

真綿を延ばして丸形や船形に作ったかぶりもの。防寒・防塵用に室町時代から用いられた。のち、婚礼の際、新婦がかぶり、形も顔までおおうようになった。額綿。 [季] 冬。
山や木などの上に積もった雪をに見たてていう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿帽子
わたぼうし

女子の被(かぶ)り物の一種。真綿を平らに伸ばしてつくったもので、初めは防寒具として用いた。その製法は真綿を引き伸ばして、その上に薄い粥(かゆ)の粘液をまき散らし、その上に麻布を当てて、火熨斗(ひのし)で乾かす。真綿は、白のほかに紅、桃色、浅葱(あさぎ)などに染めたものも使われた。また、安価なものは、真綿のかわりに木綿綿を用いた。綿帽子の形態には、丸綿(まるわた)、船底綿、古今綿(こきんわた)、促綿(うなぎわた)の4種類がある。丸綿は、クラゲのような形をしたもので、綿帽子でいちばん古く、婚礼用として江戸時代から用いられ、上方(かみがた)(関西)では老人用の被り物でもあった。船底綿は、細長い船のような形をしたもので、17世紀の後半、つまり延宝(えんぽう)年間(1673~81)より流行したが、18世紀の前半には廃れた。一方、古今綿は、頭から頬(ほお)を包んだところから頬包みともいわれ、菱川師宣(ひしかわもろのぶ)の絵によくみられる。促綿は、火の玉のような形をしたもので、老婆が頭上にのせ、その上から手拭(てぬぐい)で風に飛ばされないようにあごの下で結んでいる図柄が多い。この帽子は3代将軍家光(いえみつ)以降に多く用いられた。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の綿帽子の言及

【被り物】より

… 一方,布で頭を包む古くからの習風は,江戸時代に入ると,女子の被り物としての各種の帽子を生み出した。その代表的なものとしては,揚帽子,角帽子,野郎帽子,綿帽子がある。揚帽子は表は白,裏は紅絹の袷仕立てで,俗に白鷺と呼ばれた。…

【晴着】より

…第1は頭をおおうことである。葬式に〈かつぎ〉や,綿帽子や,きれでつくった〈おかざき〉(北陸地方)や,〈ふなぞこ〉(四国)または一片の白布をかぶり,白紙を三角に折ったものを額にあてることなどがそれである。婚礼にもかぶり物が重要視され,花嫁の角隠しは最も新しく,現代も用いられているが,それ以前に綿帽子や〈おかざき〉〈ふなぞこ〉〈かつぎ〉などがあって,かぶり方をやや変えるだけで,吉事にも凶事にも共用する。…

※「綿帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

綿帽子の関連キーワードビット真栄真・実・誠愛・真手児名デビルチルドレン真加部《自叙伝――真理の実験》麻(真)苧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綿帽子の関連情報