コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊寛 しゅんかん

美術人名辞典の解説

俊寛

平安末期の真言宗の僧。法勝寺執行。後白河上皇に近侍し、上皇関係の仏事を勤める。平氏討伐の謀議に参加、京都鹿ヶ谷の山荘を提供するが、発覚し平清盛に捕えられて薩摩国硫黄島に配流される(鹿ヶ谷事件)。共に流された藤原成経平康頼は翌年許され帰京したが、俊寛は一人残され、治承3年(1179)頃同地で寂したとされる。その悲劇的境遇は『平家物語』に語られ、能や浄瑠璃歌舞伎にも取り上げられている。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅんかん〔シユンクワン〕【俊寛】

[1143~1179]平安末期の真言宗の僧。鹿ヶ谷(ししがたに)の山荘で藤原成親・成経父子や平康頼らと平清盛討伐の密議をしていたのが発覚して流島となり、鬼界ヶ島で没した。
謡曲。四番目物喜多流では「鬼界島」。平家物語に取材。鬼界ヶ島に流されている俊寛はかつての仲間の成経・康頼が赦免されるのを悲しく見送る。
倉田百三の戯曲。大正7年(1918)「白樺」誌に発表。大正13年(1924)、帝国ホテル演芸場にて上演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

俊寛【しゅんかん】

(1)能の曲目。《鬼界島(きかいがしま)》とも。四番目物。人情物。五流現行。世阿弥作ともいうが不定。《平家物語》に取材したもので,平家討伐の陰謀がもれて鬼界島に流された俊寛ら3人に都から赦免の使がくるが,俊寛一人許されず島に残される。

俊寛【しゅんかん】

平安末期の僧。僧都(そうず)・法勝(ほっしょう)寺執行(しゅぎょう)。後白河院の信任を得て近臣として活躍し,1177年藤原成親(なりちか)や藤原師光(もろみつ)(西光)らと京都東山の鹿ヶ谷(ししがたに)の山荘で平家討伐の謀議をめぐらした。
→関連項目硫黄島(鹿児島)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊寛 しゅんかん

?-? 平安時代後期の僧。
寛雅の子。後白河法皇の近習で,法勝寺執行(しゅぎょう)をつとめる。安元3年(1177)藤原成親(なりちか),師光(もろみつ)らと平氏打倒をはかる。多田行綱の密告で捕らえられ(鹿ケ谷事件),平康頼(やすより)らと薩摩(さつま)(鹿児島県)鬼界ケ島(硫黄島)に流罪となる。翌年の赦免でも俊寛ひとりゆるされず,同地で没した。「平家物語」に悲劇的にえがかれ,能や浄瑠璃(じょうるり)などの題材となった。
【格言など】是乗せてゆけ,具してゆけ(「平家物語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

俊寛

生年:生没年不詳
平安末期の僧。後白河院の近習僧,法勝寺執行。村上源氏源雅俊の孫で木寺法印寛雅の子。父寛雅のあとを襲い仁安(1166~69)ごろから法勝寺執行としてその名がみえ,膨大な法勝寺領を管掌し,院関係の仏事を勤めた。承安4(1174)年には八条院の御堂供養なども行い,子の俊玄を法橋にしている。長年後白河院の側近く仕えていたためか平氏に対する不満が募り,治承1(1177)年院近臣の藤原成親や西光らと共に鹿ケ谷の山荘(『平家物語』では俊寛の山荘とあるが,『愚管抄』は俊寛の次の法勝寺執行静賢のものとする)で平氏打倒計画を企てるが多田(源)行綱の裏切りにあい,たちまち平清盛によって追捕され,薩摩国(鹿児島県)硫黄島に配流された(鹿ケ谷事件)。配流後の動向については記録類から一切姿を消してしまうため物語類に頼らざるをえない。『平家物語』では俊寛のその後について非常に詳細であるが,物語中の俊寛はことさら悲惨な状況におかれることによって有王説話の冥界訪問譚の脇役としての役割を負い,どこまで真実が含まれているのかかなり疑問である。しかし『愚管抄』に「カシコニテ又俊寛ハ死ニケリ」とあるので,配流地での死去はほぼ間違いなかろう。実像はあまり明確でないが,その境遇の悲劇性の故に能や浄瑠璃,歌舞伎などの主題ともなり,また現代劇にも取りあげられている。

(木村真美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんかん【俊寛】

1143?‐79?(康治2?‐治承3?)
平安末期の僧。後白河院近臣,法勝寺執行。村上源氏雅俊の孫,仁和寺法印寛雅の子。1177年(治承1)同じく院の近臣藤原成親,西光(さいこう)らとともに京都鹿ヶ谷(ししがたに)の山荘で平氏討滅を謀議したが,多田行綱の密告で露顕し,計画は失敗に終わった(鹿ヶ谷事件)。同年6月3日藤原成経,平康頼とともに薩摩国鬼界ヶ島に配流された。翌年中宮平徳子の安産を祈る大赦に俊寛だけはゆるされず,同島で没した。【飯田 悠紀子】
[伝承]
 《平家物語》によれば平判官康頼と丹波少将成経は島内を熊野詣の霊場に見立て,また康頼は祝詞を作り,率都婆を海に流すなどして帰洛を祈ったが,俊寛は〈天性不信第一の人〉にて神仏にも祈らず,翌年の中宮徳子の御産にともなう大赦では,俊寛一人が謀反の張本として島に残される。

しゅんかん【俊寛】

能の曲名。喜多流は《鬼界島(きかいがしま)》と称する。四番目物。作者不明。シテは俊寛僧都。清盛の娘の中宮が懐妊し,安産祈願のために赦免使(ワキ)が鬼界島に赴く。島に流されているのは,平氏政権転覆を謀った俊寛,丹波少将成経(ツレ),平判官康頼(へいはんがんやすより)(ツレ)の3人だった。3人が,谷水を酒になぞらえて飲み交わし,栄華の昔をしのび,今の身の上を嘆いているところへ,使いが到着する。赦免状に自分一人だけ名がないと知った俊寛は,怒りと絶望にうちふるえる(〈クドキグリ・クドキ・クセ〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんかん【俊寛】

○1143?~1179) 平安末期の真言宗の僧。仁和寺法印寛雅の子。僧都。法勝寺執行。後白河上皇の近臣。1177年京都東山鹿ヶ谷の山荘で藤原成親・西光らと平家討滅を企て、捕らえられて成親の子成経や平康頼とともに鬼界ヶ島に流された。翌年の大赦にも彼一人許されず、同島で没した。
能の一。四番目物。に取材。康頼・成経とともに鬼界ヶ島に流されていた俊寛は、二人が許されたあとも一人島に残される。鬼界ヶ島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俊寛
しゅんかん

[生]康治2(1143)
[没]治承3(1179).9. 鬼界ヶ島
平安時代の僧侶。僧都。法勝寺執行 (しゅぎょう) 。祖父は大納言源雅俊。父は仁和寺法印寛雅。後白河院の信任を得た。藤原成親,師光らは俊寛の鹿ヶ谷 (ししがたに) の山荘に会合して平氏打倒のための相談をしたが (→鹿ヶ谷事件 ) ,多田行綱の密告によって発覚し,治承1 (1177) 年6月逮捕されて共謀者藤原成経,平康頼らとともに薩摩鬼界ヶ島に流された。翌年中宮御産の大赦により,成経と康頼は京都に召還されたが,俊寛は許されずに島に残された。彼の鬼界ヶ島残留の悲劇は後世の能,浄瑠璃,歌舞伎の題材となった。

俊寛
しゅんかん

能の曲名。四番目物。中宮の安産祈願のため,大赦を伝える赦免使 (ワキ) が鬼界ヶ島へ下る。鬼界ヶ島では,流人の丹波少将成経 (ツレ) と平判官康頼 (ツレ) が,熊野三社を勧請して都への帰参を祈る。俊寛 (シテ) は道迎えに2人に酒をすすめて都をなつかしむうちに,赦免使の船が着き,成経,康頼の大赦を伝える。赦免状にわが名のない俊寛は驚き悲しむ (クセ) が,赦免使の船は成経と康頼を乗せ,船にすがる俊寛を残し,都でとりなすと約しつつ去っていく。同じ題材により,浄瑠璃では享保4 (1719) 年8月に近松門左衛門作『平家女護島』が大坂竹本座で初演され,これが歌舞伎でも上演されるほか,近代にいたって小山内薫,倉田百三が同名の戯曲にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の俊寛の言及

【足摺】より

…フシ物。平氏政権転覆の謀議の罪で鬼界ヶ島に流されたのは,俊寛僧都・丹波少将成経・平判官(へいはんがん)康頼の3人だった。清盛の娘の中宮が懐妊し,安産祈願の特赦で使いが島に赴く。…

【有王】より

…《平家物語》巻三〈有王〉〈僧都死去〉の登場人物。法勝寺執行俊寛僧都に仕えた侍童。鹿ヶ谷(ししがたに)事件で俊寛が流されてのち,鬼界ヶ島を訪ねてその最期をみとり,遺骨を高野山奥の院に納めて法師になった。…

【硫黄島】より

…【鎌田 政明】【横山 勝三】
[歴史と伝承]
 産出する硫黄で海面まで黄色くなるのでかつては黄海ヶ島,鬼界島,貴海島と呼ばれた。1177年(治承1)平氏の六波羅政権を倒す計画に失敗した俊寛,藤原成経,平康頼らが配流された島で(《愚管抄》),《平家物語》では鬼界島と書かれている。成経,康頼が大赦で帰島後,俊寛は悲嘆のなかで没した。…

【喜界島】より

…気候は亜熱帯的で,全島にガジュマル,ソテツ,アダンなどが自生し,海岸にはサンゴ礁が発達する。古くから大和朝廷と交流があり,源為朝や僧俊寛が来島したと伝えられ,俊寛のものという墓もある。また戦いに敗れた平家の一門が逃れてきたといわれ,これらにまつわる伝説,故地が多い。…

【鹿ヶ谷事件】より

…1177年(治承1)後白河法皇の近臣が平氏打倒を企てた陰謀事件。権大納言藤原成親,僧西光(藤原師光)が中心となり,平康頼,僧俊寛,藤原成経(成親の子)らが加わった。俊寛の京都東山鹿ヶ谷の山荘で謀議をこらしたので,こう呼ばれる。…

【能面】より

…瘦男(やせおとこ)や蛙(かわず)は死相を表し,三日月や阿波男,怪士(あやかし)などは神性の表現に特徴がある。平太(へいた)と中将は特に武将の霊に用い,頼政や景清,俊寛など特定の人物への専用面も現れた。喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。…

【峰定寺】より

…本堂の裏山は修験の行場となっており,山上には蔵王権現がまつられている。参道にある宝篋印塔は俊寛僧都の塔と伝え,俊寛の妻子が隠れたという獅子岩がそのそばにある。【藤井 学】。…

【足摺】より

…フシ物。平氏政権転覆の謀議の罪で鬼界ヶ島に流されたのは,俊寛僧都・丹波少将成経・平判官(へいはんがん)康頼の3人だった。清盛の娘の中宮が懐妊し,安産祈願の特赦で使いが島に赴く。…

【平家女護島】より

…5段。通称《俊寛》。近松門左衛門作。…

※「俊寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俊寛の関連キーワード鹿児島県大島郡喜界町湾鹿児島県鹿児島市中町俊寛僧都島物語鹿ヶ谷の議俊寛(能)三島[村]流され人道迎へ喜界島無辺際現在物公の私荒磯島俊寛忌鬱懐発頭謡曲口入礼紙滅色

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俊寛の関連情報