ねき物(読み)ネキモノ

精選版 日本国語大辞典の解説

ねき‐もの【ねき物】

〘名〙 売れないで、店などに積んである品物。寝かしもの。転じて、役に立たない者などをもいう。
※評判記・千石篩(1754)上「不出来な書は、〈略〉寝置物(ネキもの)と号て、所々の干見せの隅に埃かついて朽果ます」
※商家心得草(1841)上「漫りに貨物を買入て、かならず腐敗物(ネキもの)とする事勿れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android