のたり松太郎

デジタル大辞泉プラスの解説

のたり松太郎

ちばてつやによる漫画作品。図体豪腕をかわれて角界入りし、規律の厳しい相撲部屋でもやりたい放題の力士が力任せに番付をのし上がる姿を描く。『ビッグコミック』1973年第23号~1999年第9号に連載。小学館ビッグコミックス全36巻。第23回(1977年)小学館漫画賞 青年一般部門、第6回(1977年度)日本漫画家協会賞 特別賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のたり松太郎の関連情報