コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ののこ飯 ののこめし

1件 の用語解説(ののこ飯の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ののこめし【ののこ飯】


鳥取県弓ヶ浜地方の郷土料理で、洗い米と、細かく切ったにんじん、しいたけ、ごぼうなどを混ぜ合わせ、三角形油揚げのなかに詰め、しょうゆ・砂糖・みりんなどで調味しただし汁で煮たもの。◇「ののこ」は「布子(木綿の綿入れ)」が変化したもので、飯を詰めたふっくらとした姿を見立てたもの。「いただき」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ののこ飯の関連キーワードガレット洗い米石狩鍋皿饂飩豚骨芋串じぶ煮コックオバン煎餅汁豚丼の日

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone