コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布子 ヌノコ

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐こ【布子】

木綿の綿入れ。古くは麻布の袷(あわせ)や綿入れをいった。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

布子【ぬのこ】

綿入れのこと。庶民胴着にして着用した粗末な防衣。江戸時代には多く木綿を用い,これに厚く綿を入れて,上から綿が動かぬように刺してとじつけたものもあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬのこ【布子】

いわゆる綿入れのこと。昔,庶民が胴着にして着物の下に着たり,あるいは上着に用いた粗末な防寒衣ないしは保温衣で,とくに綿の厚く入ったものをいう。布子の〈布〉とは,もともと絹以外の植物性繊維の織物のことを指していたから,木綿の伝来する前は麻が主として用いられた。古くは小袖といえば,かならず綿のはいった袷(あわせ)仕立ての着物のことであったから,小袖の場合はとくに綿入れとはいわない。布子は江戸時代にはもっぱら木綿で作り,これに綿を厚く入れて上から綿の動かぬように刺してとじつけたものもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬのこ【布子】

木綿の綿入れ。 [季] 冬。 → 小袖こそで

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

布子の関連キーワードBORUTO Yes!プリキュア5 Go Go!交響詩篇エウレカセブンYes!プリキュア5寒に帷子土用に布子ねずみ小僧怪盗伝危険な女たちこの愛の物語東条 英機松原由布子目に染みる物寂びる余白の祭正月布子茅花かすののこ飯鈍付く服装手相和服

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布子の関連情報