コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はっとう

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

はっとう


福島県檜枝岐(ひのえまた)村の郷土料理で、そば粉ともち米粉を混ぜ熱湯で練った生地を平たくのばし、ひし形に切ってゆでたもの。すったじゅうねん(えごま)と砂糖を混ぜたものをまぶして食べる。◇江戸時代、はっとうを食べた役人がそのおいしさに「贅沢品なのでハレの日以外は食べることを禁じる」という法度(はっと)を言い渡したことからこの名がついたとされる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のはっとうの言及

【郷土料理】より

… ほうとうダイコン,ニンジン,サトイモ,カボチャなど季節の野菜を取り合わせたみそ汁仕立ての煮込みうどんで,山梨県の代表的郷土料理。平安時代の唐菓子に起源をもつが,さまざまに変形して各地に残存しており,〈はっと〉〈はっとう〉などと呼ぶところもある。 煮貝アワビをしょうゆ味で煮込んで,そのまま煮汁につけ込んだもの。…

※「はっとう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

はっとうの関連キーワード鳥取県八頭郡八頭町徳丸美里(町)(埼玉県)鳥取県八頭郡八頭町鳥取県八頭郡若桜町瑞龍寺(富山県)船岡(鳥取県)鳥取藩元文一揆法灯派・法燈派吉田(埼玉県)郡家(鳥取県)安藤伊右衛門松田勘右衛門千代川(川)八東[町]郡家〈町〉総持寺祖院若桜(町)船岡〈町〉若桜[町]郡家[町]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はっとうの関連情報